There are no items in this list

Please reload

二十四節気コラム

​このコラムは、山田先生の園芸セラピー講習の講義を基に作成してます。

各節気の特色と『二十四節気ガーデン』の見頃の植物をご紹介。

​山田幸子

グローバルゲート名古屋『二十四節気ガーデン』のデザイン。園芸研究家。千葉大園芸学部卒業。日本ガーデンデザイン専門学校講師。著書『12カ月花づくり庭しごとガーデニングカレンダー』講談社、『わたし流83の花づくり』家の光協会、『二十四節気でわかる園芸作業』主婦の友社、『決定版はじめての花づくり』講談社、『暦でわかる園芸作業』主婦の友社など。

1/8
節気の植物

アセビ<馬酔木> (アシビ、アセボ)

啓蟄

日本原産 ツツジ科 常緑低木 開花は3~4月

本州、四国、九州の山地に自生します。枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでいて、馬が葉を食べると毒にあたり酔うようにふらつくようになるのでつけられた名が「馬酔木」。ただし、多くの草食動物は食べるのを避けます。花芽は前年の秋にでき、冬の間も枝先に小さな花序を広げています。そして早春、長さ10㎝ほどに生長し、つぼ型の小さな花を下向きにつけます。ガーデンには白花の基本種のほか、ピンクの花色の‘クリスマスチア’があります。

ジンチョウゲ<沈丁花>

啓蟄

中国南部原産 ジンチョウゲ科の常緑低木 開花は2月下旬~3月

株元から枝を多数出し、花は枝先に常緑の葉に囲まれ、手毬状にかたまって咲きます。4枚の花びらに見えるのは筒状のがくの先端が4つに分かれたもの。つぼみは濃い紅色、開くと内側は淡いピンク、黄色の雄しべがのぞく、可憐な花です。雌雄異株。日本には雄株がほとんどで、実はなりません。

ジンチョウゲの名の由来は、同じジンチョウゲ科のジンコウ<沈香>と、フトモモ科のチョウジ<丁子>(クローブ)の両方の香りもつ花というところから。いや、香りが沈香で、花の形が丁子に似ているからという説もあります。沈香も丁子も香木として使われています。

ジンチョウゲは春の香り。その香りは夕闇とともに強くなるようです。ジンチョウゲの香りの成分は100種以上。スズランの香りをもつリナロールが主成分、あの甘い香りです。この香りは気分を和らげ、精神的にリフレッシュする効果があります。

1 / 1

Please reload

kei       chitu

啓 蟄

​冬籠りの虫がはい出す
2018 2/04-2/18
 
冬籠りの虫が這いだす頃

立春の頃に東風が運んできた春は、雨水の頃に空気と大地を潤し、ようやく、生きものを目覚めさせます。「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」という意。虫といっても、昔は昆虫だけでなく、蛇や蛙なども含んでいたようで、あらゆる生きものが目覚め始めます。ただし、虫たちが活動開始するのは平均気温が10℃を越える頃。もう少し先です。

啓蟄(ブログ)

​二十四節気ガーデン

グローバルゲート名古屋

© 2017 by planet Inc.