© 2017 by planet Inc.

グローバルゲート名古屋

​二十四節気ガーデン

There are no items in this list

Please reload

二十四節気コラム

​このコラムは、山田先生の園芸セラピー講習の講義を基に作成してます。

各節気の特色と『二十四節気ガーデン』の見頃の植物をご紹介。

​山田幸子

グローバルゲート名古屋『二十四節気ガーデン』のデザイン。園芸研究家。千葉大園芸学部卒業。日本ガーデンデザイン専門学校講師。著書『12カ月花づくり庭しごとガーデニングカレンダー』講談社、『わたし流83の花づくり』家の光協会、『二十四節気でわかる園芸作業』主婦の友社、『決定版はじめての花づくり』講談社、『暦でわかる園芸作業』主婦の友社など。

1/6
節気の植物

ビオラ

大寒

ヨーロッパ原産 スミレ科 一年草 開花は10~4月

花色豊富。寒さに強く、冬の庭を彩る貴重な花。二十四節気ガーデンでは入替えスペースで頑張って咲いてくれています。

ハボタン

大寒

ヨーロッパ原産 アブラナ科 一年草

夏にタネをまいて育て、寒くなるとともに色づく葉を冬から春にかけて観賞します。キャベツの仲間の非結球性ケールから改良されたもので、江戸時代に渡来。日本で観賞用に改良され、葉形は豊富。丸葉、縮緬、切れ葉系などがあります。

1 / 1

Please reload

dai        kan

​大 寒

寒さが厳しい
2018 1/20-2/03
 
寒さが最も厳しい頃

「寒」の半ばで、この日から立春の頃は寒さが最も厳しくなります。春は目前ですが、大地は凍てつき、吹きつける風の冷たさに身も心も縮みあがる頃です。日最高気温が0度未満の日を真冬日といいますが、北国はこのところ連日真冬日。最低気温、最高気温の低い方からのランキング表をみると、この時季に記録が集中しています。

 気温が氷点下になると、池や沼の水面は表面から凍っていきます。大気の冷えがまさに底となるこの時季、解けたり凍ったりを繰り返して氷は厚みを増していきます。

大寒(ブログ)

November 22, 2017

Please reload