There are no items in this list

Please reload

二十四節気コラム

​このコラムは、山田先生の園芸セラピー講習の講義を基に作成してます。

各節気の特色と『二十四節気ガーデン』の見頃の植物をご紹介。

​山田幸子

グローバルゲート名古屋『二十四節気ガーデン』のデザイン。園芸研究家。千葉大園芸学部卒業。日本ガーデンデザイン専門学校講師。著書『12カ月花づくり庭しごとガーデニングカレンダー』講談社、『わたし流83の花づくり』家の光協会、『二十四節気でわかる園芸作業』主婦の友社、『決定版はじめての花づくり』講談社、『暦でわかる園芸作業』主婦の友社など。

1/8
節気の植物

キンカン<金柑>

立秋

中国原産 ミカン科 常緑低木 開花は6~8月 収穫は2~4月

小さな果実を収穫する柑橘類。日本には江戸時代以前に伝わり、家庭で楽しめる果樹の代表的な存在です。夏を中心に3回ほど、直径2~3㎝の白い小さな花を咲かせ、柑橘類特有の香りを放ちます。収穫期は品種により異なりますが、完熟してからが美味。アゲハチョウの幼虫が卵を産みに来ます。

1 / 1

Please reload

ri        ssyu

立 秋

​この日から秋が始まる
2017 8/07-8/22
 
秋の気配が初めてあらわれる頃

暦の上ではこの日から秋が始まり、11月7日の立冬の前日までが秋です。時候のあいさつも暑中ではなく、残暑となりますが、実際には残暑厳しく、一年で最も暑い時期。立春の頃が寒さのピークと同じように、立秋の頃が暑さのピークです。

「秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」

古今和歌集で藤原敏行が詠んだ「立秋」の歌ですが、秋の気配はどこでしょう。朝夕に吹く風がすっと涼しくなったと感じることがあるかな?というところでしょうか。

「秋立つと思うこころが秋かいの」

江戸時代中期の俳人大江丸の句ですが、こちらの方が実感です。

さあ、暑さに喘いでばかりいないで、秋の気配を探してみましょう。

・夏至のころと比べると、20分ほど日の入りの時間は早くなっている。

・入道雲だけの空に、刷毛で掃いたようなすじ雲やいわし雲があらわれたりする。

春分(ブログ)

November 22, 2017

Please reload

​二十四節気ガーデン

グローバルゲート名古屋

© 2017 by planet Inc.